バーナム効果(ファアラー効果)

  心理学


名称

バーナム効果 ( Barnum effect )
ファアラー効果 ( Forer effect )とも

概要

心理学の用語

 占いなどで個人の性格を診断するような導入が伴うことで、誰にでも該当するような曖昧かつ一般的な性格を表す記述を自分・自分が属する集団にだけ当てはまると捉えてしまうもの。

 「あなたは他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、それにかかわらず自己を批判する傾向にあります。」「 正しい判断や正しい行動をしたのかどうか真剣な疑問を持つときがあります。 」「 あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります。 」などの文章は曖昧かつ一般的な記述であるが、星座占いの結果として提示することで個人の性格に当てはまるものであると認識してしまう。

 アメリカの心理学者 ポール・ミール、アメリカの心理学者 バートラム・フォアが研究した。フォアは1948年、学生たちに対して星座占いの文章を組み合わせ作文し提示した。学生に自分に当てはまっているかどうかを0から5までの段階で評価させたときの平均点は4.26であった。

根拠

  Forer, B. R.(1949). The fallacy of personal validation: A classroom demonstration of gullibility. Journal of Abnormal and Social Psychology, 44, 118-123.

 「 あなたの願望にはやや非現実的な傾向のものもあります。」などの誰にでも当てはまる内容を、占いなどの結果として用いることで自分にのみ当てはまる内容であると誤認識してしまう。


Tags: | | | | |