単純接触効果

  心理学


名称

単純接触効果 ( Mere exposure effect )
ザイアンスの単純接触効果、ザイアンスの法則とも

概要

心理学の用語

 ある対象に反復して接触することで,その対象への 好意度が高まる現象を単純接触効果という。

 はじめのうちは興味がないものや、苦手だったものでも何度も見たり聞いたりすることで、次第に良い感情が湧く。

 1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文により提唱した。このことからザイアンスの単純接触効果ともいう。

 恋愛にも用いれることがある。

根拠

Zajonc (1968)Attitudinal effects of more exposure – Jornal of Personality and Social Psychology

話したことはないが、毎朝通学の電車で会う人のことを最初は気にもとめていなかったが、月日がたつうちになんとなく親しみを感じるような効果を指す。


Tags: | | |